サンソー技研について

ブログ

豊胸手術と半導体

ザッツ談!! 2021/09/22

物の名前には、同じものでもいろいろな呼び名があったり、普段使っている名前は化学的には違っていたりということがあります。
例えば、石、ガラス、セメントなどに含まれる元素、ケイ素Si。これは英名でシリコンsiliconです。
シリコンは半導体に使われる重要な材料で、写真のように金属色の非常に硬い材料です。
この元素を多く含む珪石や珪砂から精製して作られます。
珪石・珪砂に含まれている状態は、酸素元素と結合した二酸化ケイ素SiO2で、シリカsilicaと呼ばれています。
乾燥剤で使われているシリカゲルも同じですね。
シリコンを高分子化したものはシリコーンsiliconeと呼ばれていて、オイル、グリース、ワックス、シーリング材などに使われているのはご存知ですね。
シリコンとシリコーン、「―」が有るか無いか、英語で言えばsiliconとsilicone、「e」が有るか無いかで、性質や用途がまったく変わります。
豊胸手術でシリコンを入れると言うけれど正しくはシリコーンです。本当のシリコンを入れたら固くて魅力なくなっちゃいます。

    (写真はchuluさんのmuuseo画像を引用しました。)
  • お電話でのお問い合わせはこちら052-508-8451 お電話でのお問い合わせはこちら052-508-8451
  • メールでのお問い合わせはこちら
  • コンクリートのひび割れのお悩みに
  • 汚泥処理のお悩みに